病気と仕事について考える

持病、女性特有の疾病、仕事をするにあたって考えること

病気がちな経験のある人が目指す看護師

小さい頃から病気に悩まされて育つという人は決して少なくはありません。遺伝病のような重篤になりうるものである場合もあれば、喘息持ちであったり、アトピーがあったりといった様々な形で苦労をしながら育ってくる人がいます。そういった人たちの中には自分が苦労をしてきているからこそ、患者の立場に立てる医療従事者となりたいと考える人もいるのが事実です。

患者の立場として長らく苦労をしてきている人は、患者の立場に立って物事を考えるのが得意と言えるでしょう。特に病院に通っていた人にとっては看護師にお世話になった経験が印象強く、その重要性をよく認識しています。そのため、看護師となって患者のために役立っていきたいと考えるようになるのです。

看護師となるためには看護学校に通ったり、大学や短大で勉強をしたりしなければならないため、計画性が必要になります。小さい頃から病気に悩んできた人の場合には比較的早期から看護師を目指すようになることが多く、しっかりと計画的に学校に通って看護師となることができるでしょう。同様にして医師や薬剤師などのような医療従事者となっていく道を選ぶ人が大勢いるのです。中には自分の病弱さから医療従事者となるのは難しいだろうと考えてしまう人もいます。しかし、そういった人たちにも医療業界で働く人材になってもらえるように促していくことで医療業界の慢性的な人材不足が解消されていく方向に進んでいくでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です